外反母指と内反小指について

アームズ整骨院

0564-53-5322

〒444-0201 愛知県岡崎市上和田町切戸20 ケントスクエア1階南

営業時間 : 9:00 ~ 21:00 定休日 : 水曜日・日曜日

外反母指と内反小指について

各症状について

2017/05/09 外反母指と内反小指について

こんにちは!

GWは体を痛め付けるほど遊んだ鈴木です。

 

同じように体を痛められた方はぜひアームズへ

 

 

 

 

さて本日は外反母指と内反小指についてです。

 

 

両端の出っ張りが外反母指、小指が内側に向いているのが内反小指です。

 

 

 

写真のようにテーピングをすることで小指と薬指の間を広げると同時に外反母指の出っ張りをおさえています。

 

 

 

 

平均的にテーピングの効果は一週間持ちますので一週間に一回の貼り替えをしてもらいます。

それを半年ほど続けてもらうと効果が出てきます。

 

 

 

 

%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%89%8d %e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%be%8c

 

一般的にヒールを履くと外反母指になると言われていますが、立ち仕事など立っている時間が長い人も注意が必要です。

 

 

立っていることが多いと、ふくらはぎの筋肉がガチガチに固まり、指の筋肉を引っ張ることで外反母指や内反小趾を引き起こします。

 

 

つまりヒールを履かない人でもなりえる病気なのです。

 

意外と気づかずに写真のような状態になっていることがあります。

 

 

是非一度自分の足を見てみてくださいね。

 


アームズ整骨院

電話番号 0564-53-5322
住所 〒444-0201 愛知県岡崎市上和田町切戸20 ケントスクエア1階南
営業時間 9:00 ~ 21:00

TOP