HOME > 治療内容 > スポーツ外傷

スポーツ外傷(オスグット病)

症状

スポーツ外傷でも成長期と言われている小学高学年〜中学生にとくに多いのが“オスグット”です。
膝のお皿の下にある骨の出っ張り(図1)がボコッと出てしまい、押すと痛かったり、走ったり、階段の昇り降りで増悪します。原因としては成長で一番伸びる大腿骨という骨があります。その骨が伸びることで、大腿四頭筋(図2)という筋肉がつっぱります。激しい運動などで大腿四頭筋がさらにつっぱっていくと、この筋肉が骨のでっぱりを引っ張ってしまい発症します。
うつ伏せの状態で膝を曲げた際に(図3)、ひざの下の骨の出っぱりが痛い時には要チェックです。

スポーツ外傷

治療法

大腿骨四頭筋を柔らかくすることが必要です。マッサージやストレッチなどを行います。サポーターやテーピングを使うこともあります。また、膝だけでなく、足首、股関節、腰など体全体の柔軟性をたかめ、バランスよく体を使えるようにすることもとても重要です。
痛みを我慢しないでしっかりと治していきましょう。

このページのTOPへ戻る